セミコンポータル
半導体・FPD・液晶・製造装置・材料・設計のポータルサイト

各月のトップ5

<<前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7
|
5月に最もよく読まれた記事は、ニュース解説「エルピーダの支援企業がマイクロンに、買収メリットを議論する」であった。この記事は、マイクロン側から見たエルピーダ買収のメリットは何かについて議論したもの。マイクロンの多角化とエルピーダのDRAM一本化が対象的。 [→続きを読む]
|
2012年4月に最もよく読まれた記事は、マーケット「2011年の世界半導体ランキングの確定値をiSuppliが発表、日亜がランクイン」である。第8位にIC Insightsが発表したランキングも入っており、2011年のランキングを両市場調査会社が発表した。 [→続きを読む]
|
3月に最もよく読まれた記事は、泉谷渉の視点「エルピーダ破綻に盛者必衰の理〜88年『DRAM戦線は日本圧勝、世界シェア9割』」であった。これはエルピーダの破綻によって日本のDRAMメーカーは退場を余儀なくされたが、80年代後半には日本はDRAM大国であったことを思い出させた記事だ。このことを知らない世代に知っていただきたいとの思いが伝わっている。 [→続きを読む]
<<前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

月別アーカイブ