セミコンポータル
半導体・FPD・液晶・製造装置・材料・設計のポータルサイト

寄稿

|
APCカンファレンス全体を通じて、プロセスコントロールのリーダー達の見方を紹介している。スマートマニファクチャリングへのロードマップを目指す。さらには専門家を育てることの重要さなどが議論されている。製造業の核は「人」だからである。(セミコンポータル編集室) [→続きを読む]
|
APCカンファレンスで前川氏の印象に残ったTEL AmericaのBen Rathsack博士の講演を紹介する。半導体製造におけるVM(バーチャルメトロロジー)とその後のAIを使った予知保全などの最新技術でウェーハ歩留まりを上げ、微細化が進んでもバラツキを減らせることを実証してきたという。(セミコンポータル編集室) [→続きを読む]
|
APCカンファレンスで前川氏の印象に残ったNXPのSteven Frezon氏の講演の続きと講演者へのインタビューを紹介する。かつての日本企業のゼロディフェクト(ZD)運動とは違い、先端ITの解析ツールを利用した高品質の追求が新しい。(セミコンポータル編集室) [→続きを読む]
|
米国テキサス州サンアントニオ市でAPCカンファレンスが行われた。ここではその会議の様子を伝えると共に、その中から前川氏の印象に残ったNXPのSteven Frezon氏の講演と講演者へのインタビューを紹介する。印象に残った言葉はかつて日本企業が最大の強みとしていた「ゼロディフェクト」であった。(セミコンポータル編集室) [→続きを読む]
|
米国議会のシンクタンクである米国議会調査局のレポート「U.S. Semiconductor Manufacturing」は、いよいよ外国半導体企業と各国での状況について触れられている。米国政府が、各国とその半導体企業をどう見ているか、興味深い。(セミコンポータル編集室) [→続きを読む]
|
AEC/APC Symposium Japanの前川耕司氏が米国におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)事情についてレポートしてきた。第1部では次世代携帯通信5G、第2部では、IoM(Internet of Manufacturing)とIndustry 4.0について議論した。第3部では、米国連邦政府が見る半導体産業と、最新APC/AECカンファレンスについてレポートする。この第3部の最初は米国議会のレポートを紹介している。(セミコンポータル編集室) [→続きを読む]
|

新型コロナウィルスに関する報道はかなり減ってきた。これまでの間にさまざまなことがわかってきたからである。以前と同じ様式ではまたコロナが拡大してしまうため、マスクや物理的に人と離れるなどの対策をとることを前提で仕事に取り組む。また半導体・ITは特需ともいえるほどクラウド需要が高い。最新の動きを紹介する。(セミコンポータル編集室)

[→続きを読む]
|
前川耕司氏の寄稿による連載「姿を現しつつある米国のDX」シリーズ第2部の第4回では、IoM(Internet of Manufacturing)に関するカンファレンスの中から、予知保全をはじめとして、設計と製造の最適化、さらにITとOT(Operation Technology)の共同作業によるスキルの持ち方について述べている。(セミコンポータル編集室) [→続きを読む]
|
前川耕司氏の寄稿による連載「姿を現しつつある米国のDX」シリーズ第2部の第3回では、IoM(Internet of Manufacturing)に関するカンファレンスから、製造業においてIoTシステムを使った生産性の向上、総合設備効率の向上などを紹介する。エッジコンピューティングが中心だが、リモートアクセスできるクラウド利用も進みそうだ。(セミコンポータル編集室) [→続きを読む]
|
前川耕司氏の寄稿による連載「姿を現しつつある米国のDX」シリーズ第2部の第2回では、IoM(Internet of Manufacturing)に関するカンファレンスの中から具体的な講演内容をレポートする。スマートファブで予知保全に取り組み、実績を上げているSchneider社の事例を紹介している。(セミコンポータル編集室) [→続きを読む]

月別アーカイブ