セミコンポータル
半導体・FPD・液晶・製造装置・材料・設計のポータルサイト

5月に最もよく読まれた記事は、直近の世界半導体ランキング

|

2016年5月に最もよく読まれた記事は、「2016年第1四半期の世界半導体トップ20社ランキング」であった。これは2016年1~3月に売り上げた半導体金額の世界ランキングを示したもの。SK HynixとMicronのメモリメーカーの売り上げが大きく落ち、トップ20社全体でも昨年よりも6%低下した。その中で1位のIntelは9%増で非常に健闘している。

第2位の「Intelがパソコンの先に何を見ているのか、明らかに」は、パソコン向けのマイクロプロセッサを設計・製造してきたIntelが下落始まったパソコン産業の次をどう見ているのか、を紹介した。大きな技術の流れ、すなわちメガトレンドをしっかりと見据え、Intelの得意なコンピュータアーキテクチャを活かせるIoTのクラウドレイヤーを確実に捉えている様子を伝えた。

第3位「東芝のファウンドリビジネスを成功させるカギは?」では、東芝が4月1日に設立したIDM兼ファウンドリ企業のジャパンセミコンダクターが米国と台北に営業拠点を設けたというニュースを解説した。ファウンドリをビジネスとして成功させるために必要な条件を紹介し、外部の注文をどのようにして取るかを述べた。

第4位の「東芝、社長・会長の人事案を発表」は、ようやく東芝が新生東芝の道を歩むようになったことを紹介した。第5位「DRAMランキング、3位Micron(旧エルピーダ)は2位との差が開く」では、DRAMの世界ランキングを発表したTrendForce社傘下のDRAMeXchangeが見ている分析を含めて総合的にDRAMビジネスの今を紹介した。

月別アーカイブ

セミコンポータルはこんなサービスを提供します