セミコンポータル
半導体・FPD・液晶・製造装置・材料・設計のポータルサイト

8月に最もよく読まれた記事はサムスンの3D NAND搭載SSD

|

2013年8月に最もよく読まれた記事は、インダストリー「サムスン、3次元NANDを64個搭載したSSDを量産開始」であった。この話は、世界同時発表だけに、セミコンポータルはニュースを見つけるとすぐに掲載した。3次元NANDの完成度はどうか、という業界の声に対してその疑問に答える情報だったからだ。

次は、マーケット「2013年上半期の世界半導体メーカートップ20社ランキング、メモリ復活」である。このランキングは調査会社のIC Insightsから発表されたものだが、この発表の後、日本企業が東芝1社しかトップテンにいなくなった、という追加発表が最近あった。

第3位にはニュース解説「サムスン、3次元縦構造NANDフラッシュの量産開始を発表」が入った。これはサムスンが発表したニュースを新聞が取り上げ、それを解説したもの。このニュースでサムスンの3D NANDフラッシュの完成度を確認したいと思っていた矢先に、このチップを64個搭載したSSDのニュースが飛び込み、第1位の記事となった。

第4位のニュース解説「ルネサス、那珂・川尻・西条の3工場を維持・強化、残りは閉鎖/生産縮小へ」は、ルネサスの中期計画発表会で明かされたもの。新聞情報に、記者会見情報を加えた。

第5位のニュース解説「東芝、モバイルビジネスに向けNANDフラッシュ新工場の起工式」では、新たな投資を東芝が再開し、3D NANDフラッシュを含めたフラッシュメモリ工場を新設し始めたことを伝えた。

(2013/09/03)

月別アーカイブ

セミコンポータルはこんなサービスを提供します