セミコンポータル
半導体・FPD・液晶・製造装置・材料・設計のポータルサイト

4月に最もよく読まれた記事は熊本大地震の被害状況

|

2016年4月に最もよく読まれた記事は、「熊本大地震、東京エレクトロン、ルネサスは確認中」だった。いまだに続く余震に悩まされながら、工場の被害状況の確認、稼働へ向けたテストなど、事業継続に向け状況を明らかにしているルネサスと東京エレクトロンをはじめとする企業の情報を集め、解説した。

第2位の「東芝、メモリを軸にパワー、システムLSIは継続」は3月にトップだった記事。第3位「Intelの3D-NAND SSDは32層チップを採用」では、IntelがMicronと進めている3D-NANDフラッシュをSSDに採用した新製品を発表したことを報じた。IntelはプライベートショーであるCloud Dayにおいて、3D-NAND SSDとハイエンドプロセッサXeon E5-2600 v4も発表している。

第4位の「ファウンドリの2015年ランキング、富士通が8位に登場」は、米市場調査会社のGartnerが発表したファウンドリのトップ10社ランキングを解説した。2014年に10位だった富士通が8位に上がり、ようやく日本勢がファウンドリビジネスに食い込めるようになりつつある。

第5位「2015年のMEMランキング、RF-MEMSでAvagoが急伸」では、フランスの市場調査会社Yole Developpementが発表したMEMSチップのトップ30社のランキングを紹介した。相変わらずBoschはトップを走っており、2位以下を大きく離している。MEMSはモバイル用から自動車用のセンサとしての市場がさらに拡大しつつある。

(2016/05/06)

月別アーカイブ

セミコンポータルはこんなサービスを提供します