セミコンポータル
半導体・FPD・液晶・製造装置・材料・設計のポータルサイト

10月によく読まれた記事は、東芝の事業改革

|

2015年10月に最もよく読まれた記事は「東芝、好調の電子デバイス事業から改革する?」であった。これは、10月24日〜25日の週末にかけて日本経済新聞が取り上げた、東芝がCMOSイメージセンサ部門をソニーへ売却するというニュースについて解説したもの。

第2位の「SanDisk買収の陰に中国ファンドあり、もはや東芝だけの問題ではない」では、Western DigitalとMicronがSanDiskに買収を提案している背景について解説した。最近買収提案を活発化している中国ファンドがWDに出資し、Micronを買収しようとしている。結局はWDがSanDiskを買うことに落ち着いた。

第3位の「iPhone 6S/6S Plusの分解でわかった半導体構成」では、iPhone 6Sシリーズを分解した専門企業IFixitと市場調査会社のIHSのレポートについて解説した。IFixitは教育目的で分解・再組立てを推進しており、分解レポートをメディアが使うことに許可を与えている。このことを知り、今回はiPhone 6Sシリーズを紹介した。

第4位の「東芝の16積層NANDフラッシュにみる技術力」は9月にも最もよく読まれた記事。

第5位の「Lam Research、KLA買収で合意」の掲載は、おそらく専門メディアでは一番早かった。というのは最初に提携メディアのSemiconductor Engineeringが日本時間の朝、報じたので即、翻訳しその日の午後にはアップロードしたからだ。

月別アーカイブ

セミコンポータルはこんなサービスを提供します