セミコンポータル
半導体・FPD・液晶・製造装置・材料・設計のポータルサイト

2015年9月に最もよく読まれた記事は東芝の256GBフラッシュ

|

2015年9月に最もよく読まれた記事は、「東芝の16積層NANDフラッシュに見る技術力」であった。これはブロガーの大和田敦之氏が述べた記事で、そこでは8月に発表された東芝の256GBのNANDフラッシュメモリについて語られている。

第2位の「買収劇が止まない半導体産業」では、これまでの買収の動きをまとめたもの。9月に入って英Dialog Semiconductorが米Atmelを買収するなど、買収の活動がまだ止まっていなかったためだ。半導体企業の再編だが、従来の成熟産業の再編とは違い、今後のIoTに向けた新たな市場に対応するため、自社の不得意な分野を補うための買収が活発になった。

第3位の「2015年上半期世界半導体トップランキング」は先月最もよく読まれた記事であった。

第4位の「iPhone 6sをテクノロジーの視点で見る」では、iPhone 6sが発表され予約が開始されたが、9月25日の発売までの間に発表から読み取れるiPhone 6sSのテクノロジーについて推察した。発売後1週間以内にティアダウンがなされ、セミコンポータルも10月1日にiPhone 6sに使われた半導体チップについて解説した。

第5位の「日本製半導体製造装置の受注が4カ月連続低下」では、日本半導体製造装置協会(SEAJ)が毎月発表している製造装置のB/Bレシオから見えてくるものに関して考察した。

月別アーカイブ

セミコンポータルはこんなサービスを提供します