セミコンポータル
半導体・FPD・液晶・製造装置・材料・設計のポータルサイト

半導体製造装置市場は底から上向きへ

|

日本製、北米製の半導体製造装置市場は、共に順調に回復基調にある。日本製半導体製造装置は、前年同期比こそ16.8%減だったが、前期比10.9%増の1781億3600万円と3カ月連続でプラスとなった。北米製は、前年同期比がわずか6.0%減の19億5370万ドルとなり、前年同期比のマイナスが6カ月連続で縮小し続けている。

図1 日本製・北米製半導体製造装置の販売額

図1 日本製・北米製半導体製造装置の販売額


日本製半導体製造装置が凹凸を繰り返しつつ、上向き始めたのに対して、北米製は今年4月の28.5%減を前年同期比でのマイナスのピークが少しずつ縮小してきており、前月は10.5%減まで縮まり、今月はついに一桁減まで縮まった。順調に回復してきていると見てよいだろう。

SEMI会長のAjit Manocha氏は、「北米半導体製造装置メーカーの売上額は、このところ2カ月連続落ちているが、前年同月比の売上額でみると底を打ったことを示している」と述べており、「最近は先端ロジック製品への製造設備投資が増えてきており、成長機会を提供しているのだろう」とコメントしている。

実際、第3四半期におけるTSMCの決算発表(参考資料1)を見ても、前年同期比10.7%増、前期比21.3%増の94億米ドル(約1兆円)の売上額を示している。営業利益も健全で34.5%の営業利益率を得ている。TSMCは2019年の設備投資額を当初の100〜110億米ドルから140〜150億米ドルになると見積もっている。

設備投資の多くは半導体製造装置につぎ込まれるため、製造装置市場はこれから先は上向きに転じることになりそうだ。

参考資料
1. TSMC Reports Third Quarter EPS of NT$3.90 (2019/10/17)
2. 日米半導体製造装置市場、底を打ったことはほぼ確実に (2019/09/25)

(2019/10/23)

月別アーカイブ

セミコンポータルはこんなサービスを提供します