セミコンポータル
半導体・FPD・液晶・製造装置・材料・設計のポータルサイト

9月に最もよく読まれた記事は最新のOSATランキング

|

2021年9月に最もよく読まれた記事は、「最新OSATメーカーのトップ10社ランキング」であった。これは、世界の半導体後工程の請負サービスを提供するOSAT(Outsourced Semiconductor Assembly and Test)メーカーの世界ランキングをまとめた記事。2021年第2四半期における、OSATメーカーのトップはファウンドリと同様、台湾企業であり、ASE Group(日月光集団)社が2位以下を大きく離している。

次によく読まれた記事は、「半導体不足はいつ頃解消されるか、2021年後半の半導体市場を議論する」であった。これは、半導体不足の概略を総括すると共に、この1年先に半導体市況がどうなるか、を議論する「SPマーケットセミナー:世界半導体市場、2021年後半を議論しよう」への期待をつづった編集長ブログである。セミナーはおかげさまで盛況であり、多数の方に参加していただいた。

3番目によく読まれた記事は、「直近の世界ファウンドリ企業トップテンランキング」であった。これも2021年第2四半期におけるファウンドリメーカーのトップ10社を示した記事。1位のTSMCは過半数の市場シェアを占める企業であるが、各国政府からの要請で車載向けの半導体の生産量を増強した結果、単価の安さからシェアは第1四半期での売上額よりも少し下がっている。

第4位の「SK Hynixの強さは半端ではない!〜会長崔泰源は韓経済界トップ、11兆円投入」は、ブロガーの泉谷渉氏の記事で、メモリーメーカーのSK Hynixに焦点を当てたもの。

第5位の「SPIマーケットセミナーで見えた、日本半導体の未来の市場シェア」は、ブロガーの服部毅氏が参加された「SPマーケットセミナー:世界半導体市場、2021年後半を議論しよう」において、参加者にアンケートを採って議論した結果について述べている。読者からも日本の半導体を心配する声が強かった。

月別アーカイブ

セミコンポータルはこんなサービスを提供します