セミコンポータル
半導体・FPD・液晶・製造装置・材料・設計のポータルサイト

TSMCの米国工場建設その後と、韓国・中国の対応

|

1週間前、台湾TSMCが米国に最新工場を設立した背景に米中貿易戦争があることを指摘したが(参考資料1)、ますますその色を深めている。TSMCはHiSiliconからの新規受注を取りやめ、中国では最大手のファウンドリであるSMICに政府系のファンドが2400億円を出資することが決まった。Samsungのファウンドリ部門は5nmプロセスの量産開始をアピール中。コロナ収束メドの新常態(ニューノーマル)への対応も出てきた。

5月19日の日本経済新聞は、中国最大手の通信機器メーカーで、華為科技の子会社であるファブレス半導体のHiSiliconからの新規受注をTSMCが止める方針であることを報じた。華為は通信機器メーカーとして、Ericsson、Nokiaと並ぶ世界のトップメーカーの一つ。さらにスマートフォンではSamsungに次ぐ2位まで登ってきた。スマホの心臓部となっているアプリケーションプロセッサはHiSiliconの製品であり、最先端の微細化技術で製造されている。今の所、7nmというプロセスでTSMCが大いに潤っていた。

米国商務省産業安全保障局BIS(Bureau of Industry and Security)の発表は、米国製半導体製造装置とソフトウエアを使った半導体製品を華為に販売することを事実上禁止している(参考資料2)。TSMCにとってHiSiliconは大事な顧客だったが、米国の意向に従った。この禁止令は、米国メーカーも弱体化させる。ここでのソフトウエアとは、EDAベンダーを指している。すなわちSynopsys、Cadence、Mentor(現在はSiemensの一部門)からのEDAツールも中国へ輸出するなと言っているのである。これらのEDAツールベンダーは世界のトップスリーであり、HiSiliconは今後の新製品が購入できなくなる。HiSiliconにとっては極めて厳しい対応となっている。

この機に乗じて、TSMCに代わるファウンドリの王座を狙うのがSamsungだ。Samsungの7nmプロセスは、昨年歩留まりに問題があったと報じられたが、Qualcommの最新版アプリケーションプロセッサSnapdragonを受注しているだけに問題が解決されたもようだ。Samsungは、5nm製品の量産を年内に始めると22日の日経が報じた。3月のDigitimesはTSMCが5nmの量産を4月に開始すると報じていた(参考資料3)。4月1日には、第2四半期に量産を開始する予定だとしており(参考資料4)、5nmプロセスの量産は難しそうだ。Samsungからの5月21日の発表(参考資料5)では、EUVベースの量産ラインの建設を今月開始し、EUV 5nmプロセスのフル稼働になるのは来年の後半だとしている。

Samsungは、2021年から5nmプロセスの量産を平沢工場で本格的に立ち上げる計画で、これに10兆ウォン(約9000億円)を投資する見込みだ、と22日の日経が報じている。HiSiliconはTSMCが使えないとなると、Samsungに打診はするだろうが、SamsungもTSMCと同様、米国製半導体製造装置を使っていればHiSiliconからの注文は受けられないことになる。

中国地元のファウンドリであるSMICは、ファウンドの出資を受ける最先端のプロセスが14nmであり、7nmの経験はまだない。22日の日経によると、14nmプロセスの生産能力はまだ月産6000枚であり、これを3万5000枚に引き上げるとしている。同時に12nmプロセスに対応させるという。もちろん、12nmでさえ、現在の5nmに比べると2世代(4〜5年)遅れており、TSMCに追いつくのは簡単ではない。

新型コロナウイルスが及ぼす社会的な影響は、働き方を大きく変えた。レノボの楊元慶董事長兼CEOは、日経のインタビューに対して「在宅での勤務や学習、ネット取引、ネットゲーム、遠隔医療が新常態となり、パソコンやスマートデバイスの市場規模は拡大する。レノボは新しい需要に対応するためにイノベーションを続けて成長を進める」と述べている。新しい働き方は、パソコンやスマホにとっても新しい需要を生む。

ウイルスの活動を抑える紫外線照射装置の量産をウシオ電機が始めたり、工作機械メーカーのDMG森精機がローカル5Gを導入して夜間の無人運転に活かしたり、NTTが監視カメラやセンサを設置してスマートシティ事業を推進したりするなど、ニューノーマルへの対応も現れてきた。従来とは違う業務形態、働き方などを進めて、新型コロナと共存しながら退治していく社会へと移行する動きが始まっている。

参考資料
1. TSMCの米国先端工場設立の背景に華為つぶし (2020/05/18)
2. Commerce Addresses Huawei’s Efforts to Undermine Entity List, Restricts Products Designed and Produced with U.S. Technologies (2020/05/15)
3. Highlights of the day: TSMC sees strong demand for 5nm process (2020/03/11)
4. TSMC on track to ramp 5nm chip production (2020/4/1)
5. Samsung Electronics Expands its Foundry Capacity with A New Production Line in Pyeongtaek, Korea (2020/05/21)

(2020/05/25)

月別アーカイブ

セミコンポータルはこんなサービスを提供します