セミコンポータル
半導体・FPD・液晶・製造装置・材料・設計のポータルサイト

半導体ファウンドリは2016年11%増と二桁成長

|

2016年における世界のファウンドリ専門メーカーのトップ10社が発表された。これは米市場調査会社のIC Insightsが明らかにしたもの。ファウンドリ全体の売り上げは、前年比11%増の500億ドル(5兆5700億円、1ドル=115円換算)に達する。半導体全体が同0.1%減とほぼ横ばいが見積もられた(参考資料1)ことと対照的である。

表1 世界のファウンドリ専門メーカーの上位10社 出典:IC Insights

表1 世界のファウンドリ専門メーカーの上位10社 出典:IC Insights


IC Insightsによると、1位のTSMCをはじめ、1位から9位までの順位は前年と変わらない。ファウンドリビジネスは、ファブレス企業からの注文だけではなく、IDMからの注文も多く、半導体産業全体よりも高い成長率を示すのが常である。しかもIDMがファブレスやファブライトに移るにつれ、ファウンドリへの注文は増えていく。

とはいえ、ファウンドリビジネスは、すでに寡占化の傾向が強い。TSMC、GlobalFoundries、UMC、SMICの上位4社の売上額はファウンドリ専門市場の85%を占めており、トップのTSMCだけでも59%のシェアを持つ。TSMCは2016年に29億ドル分を増加させ、11%の伸びを示した。これから参入する企業にとっては、ビジネスモデルの工夫、カスタマサポートの工夫など、これまでのファウンドリビジネスに加えた特徴を発揮しなければ、成功しない。ファウンドリビジネスは待っているだけの商売ではないからだ。特にLSI設計の知識と理解は欠かせない。

上位10社の中で最も大きな成長率を示したのは、ドイツのX-Fabである。2016年の第3四半期にフランスのファウンドリAltis社の資産を安く買い、54%もの伸びを示し、トップ10入りを果たした。次に大きく成長したのは31%増のSMICだ。SMICは5年前の2011年には12億2000万ドルが2016年には29億2100万ドルと2倍以上、成長した。次に大きく伸びたのは30%増のTowerJazzで、12億4900万ドルとなった。2014年にパナソニックの半導体工場を買ってポートフォリオを増強したことが奏功した。

世界のファウンドリ市場は、2016年から2021年までの年平均成長率CAGRが7.6%で推移し、2021年には721億ドルに成長する、とIC Insightsは見込んでいる。

参考資料
1. WSTS、2016年の世界半導体市場は2.4%減から横バイへと上方修正 (2016/12/02)

(2017/01/13)

月別アーカイブ

セミコンポータルはこんなサービスを提供します