セミコンポータル
半導体・FPD・液晶・製造装置・材料・設計のポータルサイト

事実なら、ルネサスのM&A戦略に沿ったIntersil買収提案

|

ルネサスエレクトロニクスが米国のアナログおよびミクストシグナルのIntersilを買収する交渉が最終段階に入った、と8月22日の日本経済新聞が報じた。ルネサスの社長兼CEOの呉文精氏が、製品がダブらない企業とM&Aを行う、と語っており(参考資料1)、もし買収先がIntersilならば、的を得た買収といえる。ただし、ルネサスは「本件は当社が発表したものではありません。当社は事業のさらなる成長に向け、本件を含めさまざまな可能性を検討していますが、現時点で決まった事実はありません」と述べている。

日経によると、パワーマネージメントIC(PMIC)に強いIntersilを手に入れ自動車用半導体を強化していく、としており、買収金額は3000億円になるという。自動車用半導体としては、Freescaleを合併したNXP Semiconductors、International Rectifierを買収したInfineon Technologiesに次ぐ3位に落ちたが、Intersilを買収することでInfineonを抜き2位に浮上すると日経は報じている。

しかし、呉氏は、規模を大きくするための合併なら固定費の削減以外の効果は全く期待できない、と述べており、同じような製品で規模を拡大して2位や1位になることがルネサスの目的ではない。かつてこの方針で失敗してきたではないか、と述べている。むしろ、買収は戦略的買収ではなければ意味がないと呉氏は語り、ルネサスの強みである自動車用マイコンをオセロゲームの角(絶対にひっくり返されない)だとすると、そこから広げていき自動車用半導体を強くしていく。これがルネサスの方針である。

では一体、Intersilとは何者か。日経新聞などでPMICの専門メーカーだと述べているが、それは当たっていない。セミコンポータルで何度か報じてきたように(参考資料2〜5)、常に新しい分野を追求しており、しかも高品質を売り物にする点でルネサスと共通する。最近の製品では、レーザーの送受信を利用するTOF(Time of Flight)法によって物体との距離を測るチップがある(参考資料2)。これはドローンで地上との距離を測りながら軟着陸を制御する技術や、あるいは大画面でのジェスチャー制御などに使える。光センサの一種といえるICである。

もう一つの特長である高品質に関しては、Intersilの強い市場として航空宇宙・防衛がある。自動車用も航空宇宙・防衛のような品質の高さが要求される。Intersilは、その昔は、航空宇宙・防衛専門のHarris Semiconductorから1999年にスピンオフした(参考資料3)。このため品質の高さには定評がある。ルネサスが欲しいと思うのは、この点だ。

Intersilのクルマ用半導体に参入した時期はそれほど古くない。ディスプレイ用の画像処理プロセッサを設計していた米国のベンチャーTechwell社から買収した2011年である(参考資料4)。Techwellは、日本人の小里文宏氏がシリコンバレーで起業し社長を務めていた企業。IntersilがTechwellを買収したのは、2014年から米国で販売される新車にはバックモニターシステムが義務付けられることを見越して、クルマ市場に入ることのできる機会になったからだ。

もちろん、Intersilはパワーマネージメント専門ではないものの、ここに力を入れてきた企業ではある。特にモバイル用の電源から工業用・自動車用へシフトしており、電源回路の応用分野を広げてきた。工業用の48Vから1Vへと直接変換するDC-DCコンバータを最近開発しており(参考資料5)、さらに今後の市場拡大が期待されるデジタル電源にも力を入れている。2008年にデジタル電源が得意だったZilker社を買収しており、製品のポートフォリオは広い。Intersilが買収した企業は多い。高速アンプのElantic、不揮発性メモリのXicor、DSPオーディオのD2Audio、ノイズキャンセラのQuellanなどを傘下に収めている。

ルネサスは、自動車と、IoTをはじめとする工業用分野に力を入れており、それらの分野ではルネサスの得意なマイコンを電源用IC(PMIC)とセットで売り込めるようになる。もちろん、用途によってはPMICだけではなく、光センサ用ICや画像処理プロセッサ、高速アンプなども一緒に売り込める。すなわち製品のポートフォリオが広がったといえる。


参考資料
1. 独立・専業・戦略セグメント特化を基本とする新生ルネサス (2016/07/14)
2. モバイル用途で最大2mの測距チップ技術をIntersilが明らかに (2015/10/16)
3. カメレオンのように変身、進化を続けるインターシル、成長の10分野に特化 (2012/02/22)
4. 米アナログ半導体メーカーがカーエレ市場にトップギアチェンジ (2011/11/07)
5. 新社長登場で活気づくPMICメーカー2社 (2015/07/08)

(2016/08/22)

月別アーカイブ

セミコンポータルはこんなサービスを提供します