セミコンポータル
半導体・FPD・液晶・製造装置・材料・設計のポータルサイト

半導体製造装置、日米とも完全復活

|

2019年12月の日本製半導体製造装置市場は、久々に前年同月比を上回った。北米製半導体製造装置はそれより一足先の10月に上回っている。日本製製造装置の販売額が前年同月比5.9%増の1779億6700万円、北米製のそれは同17.8%増の24億9170万ドル。半導体製造装置市場は、成長曲線に乗ったといえそうだ。

図1 日本製および北米製半導体製造装置の販売額の推移

図1 日本製および北米製半導体製造装置の販売額の推移


図1のグラフでは、日本製装置はSEAJから北米製装置はSEMIから発表されており、いずれも3カ月の移動平均値で表されている。

12月における日本製の装置は、前月の1849億円よりは低い、3.8%減であるが、それほど気にする変化ではないようだ。9月以降1700〜1800億円台で推移しており、高値安定感が強い。12月の北米製装置は、前月比でも17.5%増と急増している。やや急すぎる感があるほどだが、反動も来るため成長曲線に乗ったと解釈して一喜一憂しなくてもよさそうだ。SEMI会長のAjit Manocha氏は、2018年6月以来で最も強い勢いだと述べている。12月の急な販売増は、ロジック半導体およびファウンドリの設備投資によると見ている。


Net system sales breakdown (Quarterly) / ASML

図2 ASMLの2019年第4四半期における製造装置販売額


ただ、北米製と日本製の半導体製造装置だけでは、世界の半導体製造装置市場を表すことが難しくなってきている。欧州のリソグラフィ装置メーカーASMLの売り上げレベルが急増しているからだ(図2)。2019年第4四半期に発表された数字では、第4四半期売上額が31億3000万ユーロ(1ユーロは121円として、3787億3000万円)となり、移動平均の12月は1262億4333万円と日本全体の販売額に近づくほどの大きさになっている。同社の2019年通年でも全社売上額は、前年比8%増の118億2000万ユーロ(約1兆4300億円)となっている。

参考資料
1. 順調に回復している半導体製造装置市場 (2019/12/24)

(2020/01/24)

月別アーカイブ

セミコンポータルはこんなサービスを提供します