セミコンポータル
半導体・FPD・液晶・製造装置・材料・設計のポータルサイト

2006年7月

1
|
 インドの電子機器生産は2005年、前年比25%の成長となり、今後も高い成長率が見込まれ、2007年には40%増、2010年には34%となることが見込まれている。2010年〜2015年の世界の電子機器生産の成長率と比較すると、インドのそれは、5.5倍の成長率になるものと推定されている。2015年、インドの電子機器消費は3,630億ドルに達すると見られており、全世界の電子機器生産の11%を占める規模となる。(India Semiconductor Association(ISA)発表) [→続きを読む]
|
SEMIコンセンサスフォーキャスト  2006年の半導体製造装置市場は、前工程装置の20%増を主体として、全体で18%増の388億ドル規模になるとの予想がSEMIより発表された。2000年についで史上2番目の規模となる。 [→続きを読む]
|
セミコンダクタポータルのコンテンツパートナー、アレグロ インフォメーション・インク(以下アレグロ)による、中国のエレクトロニクス・半導体・液晶分野のマーケット情報です。アレグロは、同社独自の調査及び、中国国家統計局、CCID、中国電子報、経済参考報、国際金融報などから得たフレッシュな情報をベースに、特に中国のIT、エレクトロニクス、半導体・液晶関連の情報収集・提供、分析、調査を行っています。今回、提供したのは、同社の月刊レポート「中国レポート:Electronics and Semiconductor China」の2006年6月号からの一部抜粋です。 [→続きを読む]
|
一方でメモリー集中投資への懸念感 2006年の半導体投資は、前倒し策が進み、当初予定を大きく上回り、前年比16.6%増の552億7,980万ドルになるとの予想がGartner Dataquest社からこのほど発表された。 同社は、5月時点の見込みでは、2006年の半導体投資全体を8.8%増と見込んでいたが、24.8%へと大きく伸びている。 [→続きを読む]
|
06年、07年連続二桁台の成長見込む(SEAJ) 日本製半導体製造装置の販売高は、2005年から2008年は平均成長率7.9%を維持し、2008年には1兆9千億円を越えるとの見通しが(社)日本半導体製造装置協会(SEAJ)から発表された。 [→続きを読む]
|
小型自動車の生産ハブへ インドの自動車市場は、2005-2006年の国内販売台数では891万台と前年比16%の伸びを示している。その80%近くを二輪車が占める。四輪車全体では149万台となり、その7割が小型車(Mini,Compact)が占める。そのインドの小型車が今、小型車革命第二弾をむかえている。 [→続きを読む]
|
一方で求められる知財権活用  経済産業省特許庁調査によると、日本企業等における知的財産担当者の増加とともに、知的財産活動費も増加しており、2004 年度の日本の企業等の知的財産活動費は約9,200 億円と、2003 年度から約1,400 億円増加したことが報告された。 [→続きを読む]
|
サプライサイドから見た半導体産業市場の短期予測 ICT リサーチ会社ジェイスター株式会社(代表取締役:豊崎禎久氏)は、多結晶シリコンの供給能力の視点から、2006 〜2007 年の半導体産業市場規模の予測シミュレーションを行った。その結果、半導体向け多結晶シリコンと太陽電池向け多結晶シリコンが、現状と同様に分配された場合、2006 年の半導体産業市場の各成長率は、2005 年の成長率並みの6%台に止まるという。 [→続きを読む]
1

月別アーカイブ