セミコンポータル
半導体・FPD・液晶・製造装置・材料・設計のポータルサイト

6月に最もよく読まれた記事は、東芝のナノインプリント

|

2016年6月に最もよく読まれた記事は、「東芝、NANDフラッシュの微細化にナノインプリント」であった。これは6月3日に日本経済新聞が取り上げた、ナノインプリント技術を使ってNANDフラッシュを開発する、というニュースを解説したもの。

第2位の「ニューロチップ概説〜いよいよ半導体の出番(1-1)」では、元東芝にいてSTARCにも在籍していた百瀬啓氏が最近のAI技術のもとになっているディープラーニング(ニューラルネットワークを使って学習機能を何十層にも渡って実現するテクノロジー)について解説した。IoTのビッグデータ解析をはじめ、クルマの物体検出・認識技術、ロボットの音声認識などに使われることで、注目を集めている。ディープラーニングでは学習するための機能がいろいろあり、実用的に使うためには半導体が欠かせないことを説いている。

第3位の「2016年第1四半期の世界半導体トップ20社ランキング」は5月のランキングの1位を占めた記事。第4位の「2015年のアナログICランキング、やはりTIがダントツ」は、世界アナログ半導体のトップランキングを示したもの。半導体企業のトップテンランキングの記事は人気が高い。

第5位の「2016年世界半導体市場は2.4%減とWSTSが予測」では、WSTSが5月に集まり会議を開き、世界各社の実績と予想を突き合わせて、今年を含め3年間の市場を予測している。

月別アーカイブ

セミコンポータルはこんなサービスを提供します