セミコンポータル
半導体・FPD・液晶・製造装置・材料・設計のポータルサイト
セミコンポータル

日本製半導体製造装置、B/Bレシオは0.99まで上昇するも低迷続く

|

日本製半導体製造装置の受注・販売統計6月分が発表された。受注高・販売高の3ヵ月移動平均で算出されるB/Bレシオは、0.99と1年ぶりの1.00に迫る数字となった。しかし、対前年同期比をみてみると、受注高・販売高ともに昨年の実績にはるか及ばす、BBレシオだけを見て楽観することはできない。

半導体製造装置 日本製装置 受注高/販売高


6月の受注高は940億4400万円と前月比で増加したものの、4月から3ヵ月連続で、1000億円を切る数字にとどまった。対前年同期比では37.6%減と振るわず、ここ1年間は前年を上回った月は一度もなく、低迷が続いている。

一方の販売高も対前年同期比における落ち込みが激しい。6月は1014億4200万円と3ヵ月連続でプラス成長を記録するも、対前年同期比で43.5%減と大幅なマイナスに転じた。昨年10月から9ヵ月連続で前年割れが続いており、引き続き油断できない状況が続いている。


半導体製造装置 日本製装置 受注高


半導体製造装置 日本製装置 販売高


(セミコンポータル編集室 山田敦子)

月別アーカイブ

Copyright(C)2001-2020 Semiconductor Portal Inc., All Rights Reserved.