セミコンポータル
半導体・FPD・液晶・製造装置・材料・設計のポータルサイト
セミコンポータル

200mmウェーハ需要は飽和せず、70万枚22年まで追加

|

200mmウェーハが2019年から2022年まで成長率14%で増加する、とSEMIは予想する。合計70万枚のウェーハが増強されることになる。SEMIが調査したGlobal 200mm Fab Outlookで明らかにしたもの。これをどう見るか。

200mm Capacity Outlook (excluding EPI, LED, R&D)

図1 2019年での世界200mmウェーハ生産能力 出典:SEMI


従来、200mmウェーハはIoTなどの需要が増えることから再び増加するものの2020年あたりには飽和するのではないか、とみられていた。ところがSEMIが新しいデバイスの需要を見積もったところ、今回2022年までは成長していき、依然の予想よりも70万枚追加されることがわかった。

SEMIが200mmウェーハの飽和から成長へと予測する根拠は、IoTセンサとして使われるMEMSと、パワーデバイス、ファウンドリである。いずれも200mmラインを使う。2019年から2022年までそれらのデバイスの出荷はそれぞれ25%、23%、18%増加すると見積もった。200mm工場のライン数とその生産能力から評価した結果、70万枚足りないとした。

SEMI Global 200mm Fab Outlookレポートによれば、全16ヵ所の新規工場やラインの内14ラインは量産工場で、2019年から2022年の間に稼働を始めると見込まれている。このレポートでは、一つのファブからもう一つのファブへ移された製造装置と、装置が不足すると予想して再生させた製造装置も含めているという。

製造装置業界では、ここ2年間のメモリバブルによって突然の高需要が来たために、2019年は2桁落ち込むと見られているが、200mmウェーハを使うMEMSやパワーデバイス、ファウンドリなどはメモリバブルの恩恵にあずかっておらず、200mm製造装置の落ち込みはなさそうだ。

(2019/02/13)

月別アーカイブ

Copyright(C)2001-2020 Semiconductor Portal Inc., All Rights Reserved.