セミコンポータル
半導体・FPD・液晶・製造装置・材料・設計のポータルサイト
セミコンポータル

中国、世界のR&Dにおけるシェア11%と第三位に

|

 OECDによると、米国の研究開発費用総額は、2004年の世界の研究開発費用の35%と依然としてトップであり、且つ、EU諸国の総額をも上回っている。しかし、1990年代には、米国のシェアが40%であったことを考えると下降傾向にあることは顕著である。

 代わって、中国のシェアが伸びている。2004年は11%となり、2位の日本14%に次ぎ3位となって、2位を追い上げている。
 研究開発に携わっている研究者の数という観点からは、中国はもう日本を抜いて世界2位である。
 右の表は主要7カ国のGDPに対するR&D費用の比率を示したものである。米国は、1990年代は上昇したがその後フラットになっている。他の先進国と比較すると比率そのものは米国は悪くはないが、中国の急成長は注目すべ起点である。


Share of Total World R&D, 2004
Total National R&D as % of GDP, 1991-2004

月別アーカイブ

Copyright(C)2001-2020 Semiconductor Portal Inc., All Rights Reserved.