セミコンポータル
半導体・FPD・液晶・製造装置・材料・設計のポータルサイト

2007年2月

1
|
 今日の中国の半導体産業は、北京・天津デルタ地域、揚子江デルタ地域、珠江デルタ地域、そして西部デルタ地域に集積したビジネスレイアウトを中心としている。それが最近、あらたな変化が見られだした。北京や上海のような大都市ではなく、より内陸の都市、西安や成都志向が見られ始めている。 [→続きを読む]
|
 MP3/Portable Media Player(PMP)マーケットの成長および携帯電話および、デジタルカメラ/カムコーダの引き続き好調な売り上げにより、これらの製品に使われる低温Poly-Si LCD(LTPS LCD)のマーケットは売上高で2010年までにはほぼ2倍になるとの予想が、iSupply社から発表された。 [→続きを読む]
|
 インドの半導体産業の始まりは1970年代に遡る。インド政府管轄のBharat Electronicsがテストデザインセンターならびに生産設備を有した時である。1985年にはTexas Instrumentsがインドで多国籍企業として初めてデザインセンターを設立している。 [→続きを読む]
|
 中国の自動車産業と自動車市場の発展につれて、中国の消費者にとっては自動車が”運搬の手段”から”余暇・娯楽”のためのパーソナル製品となっている。このため、消費者は自動車のエンターティメントの要求が高くなり、関連製品の充実とその市場の拡大が進んでいる。 [→続きを読む]
|
 2000 年6 月に国務院18 号文の発表以来、中国のIC の前工程製造とデザインハウスが飛躍的に発展してきた。現在、中国では47 のIC の前工程の生産ラインがある。  中国半導体産業協会IC 設計分科会の統計によると、2005 年に中国IC デザインハウス中で売上高が1 億米砲鯆兇┐覺覿箸4 社であったが、2006 年には10 社に増加した。これら10 社の総売上はデザインハウス業界の総売上の46.7%を占めている。 [→続きを読む]
1

月別アーカイブ