セミコンポータル
半導体・FPD・液晶・製造装置・材料・設計のポータルサイト

第1四半期のパソコンは1年前の55%増と大きく回復

|

2021年の第1四半期におけるパソコンの販売台数は、前年同期比55.2%増の839万8100万台となった。ここでのパソコンは、従来型のデスクトップ型やノートパソコン、ワークステーションの合計で表している。伸びの大きなモバイルパソコンは含んでいない。1年前は新型コロナウイルスの影響でビジネスが止まっていた。

表1 パソコン出荷台数(単位は千台) 出典:IDC

Top 5 Companies, Worldwide Traditional PC Shipments, Market Share, and Year-Over-Year Growth, Q1 2021 (Preliminary results, shipments are in thousands of units)


この出荷台数は、米市場調査会社のIDCが発表したもので(参考資料1)、今年は出荷台数の伸びが期待される。というのは、この第一四半期(1Q)は、前四半期(2020年第4四半期)と比べわずか8%しか低下していないからだ。例年だと、前四半期の20%〜25%程度下がる。毎年第4四半期(4Q)はクリスマス商戦でパソコンは大きく伸び、その次の年の1Qは大きく沈む。そして、2Q、3Qと進んでも大きく伸びず、4Qで急増するというパターンである。今年の1Qは少ししか沈まなかったことから今年のパソコン市場は大きく伸びることが期待される。

半導体もパソコン同様に、毎年4Qにピークが来て翌年の1Qは大きく落ちる。そして2Q、3Qと少しずつ販売額が増加していき4Qには大きく増える傾向があった。ところが、半導体も今1Qは前四半期比でほとんど落ちていないのだ。半導体の市場調査会社IC Insightsによると(参考資料2)、たとえ2Q、3Q、4Qと全く増えないとしても2021年全体で前年比12%伸びると計算されている。少しずつ伸びると仮定すると前年比19%にも増加することになる。

現在の需要をけん引しているのは、ゲーム用のパソコンや高性能な企業向けパソコン、教育向けのタッチスクリーンタイプなどだと見ている。ただ、IDCは、現在半導体チップが品薄で、メモリをはじめとして単価の値上がり傾向がみられるため、このまま順調には伸びないだろうとも予想する。

参考資料
1. PC Shipments Show Continued Strength in Q1 2021 Despite Component Shortages and Logistics Issues, According to IDC (2021/04/09)
2. 21年の世界半導体市場、固く見ても19%成長へ、IC Insightsが上方修正 (2021/03/11)

(2021/04/16)

月別アーカイブ

セミコンポータルはこんなサービスを提供します