セミコンポータル
半導体・FPD・液晶・製造装置・材料・設計のポータルサイト
セミコンポータル

組込MRAM向けIPをフランスのベンチャーがライセンス提供

フランスの半導体IPベンチャーのeVaderis社は、組み込みMRAMのIPを開発、それを集積したマイクロコントローラ(マイコン)をスロベニアのBeyond Semiconductorが設計、このほどテープアウトを終えた。IoTやウェアラブルのような低消費電力用途を狙う。

eVaderis社は、MRAMベースに最適化された組み込みシステムとメモリコンパイラ用のIPをライセンス提供するベンチャーで、フランスのグルノーブルを拠点とする。最新の縦構造のスピン転送トルク(STT)型のM(Magnetoresistive)RAMやReRAMなど不揮発性メモリを、組み込みシステムに集積するIPソリューションを提供する。低消費電力で高性能な不揮発性メモリコンパイラやロジックライブラリ、サブシステムを提供し、チップへの集積化を支援する。

同社は、CMOS技術と、MRAMやReRAMのような不揮発性メモリを組み合わせることで、さまざまなアーキテクチャやソフトウエアを開発し、効率よくデータやコード、ステート、構成などを顧客のチップ内で管理できるようにする。最も単純なロジックセルからサブシステムやプロセッサまでをカバーする。これらの開発を支援するため、eVaderisは、専用のデザインフローソフトウエアを持ち、IPの生成と品質保証と共に、技術や設計の解析を支援する。

今回の開発デモでは、ベルギーのIMECからSTT-MRAM技術のライセンス供与を受け、Beyond Semiconductorの新MCUに集積し、高速の書き換え動作と低消費電力での不揮発性動作を確認する。さらにGlobalFoundriesの低電力CMOSプロセスを使って製造できるように設計した。

このMRAMベースのメモリ中心のMCUのテープアウトしたことで、当社の技術の熟練度合いを示すことができた、とCEO代理で技術およびマーケティング担当のVirgile Javerliac氏は述べている。

今回のオンチップメモリ容量は3Mビットで、これらのメモリをチップ内で異なるインスタンスを通して、チップ全体に分配している。つまり、ワーキングメモリからコンフィギュレーションメモリ、ステート保持、コード実行、データストレージに渡るインスタンスである。eVaderisのメモリIPアーキテクチャは、コンパイラフレンドリーに構築されているという。これによってチップメーカーは短い開発期間で組み込みメモリを設計できる。

このIPを40nm以下の生産ラインを持つ半導体メーカーにライセンスしていくという。

参考資料
1. eVaderis Completes Tape-Out of Innovative MRAM-Based, Memory-Centric MCU Demonstrator for Next-Generation IoT Applications 2018/01/02

(2018/01/09)

月別アーカイブ

Copyright(C)2001-2018 Semiconductor Portal Inc., All Rights Reserved.