セミコンポータル
半導体・FPD・液晶・製造装置・材料・設計のポータルサイト
セミコンポータル

ファウンドリのビジネスモデルを創り上げたTSMC Morris Chang氏引退

|

世界トップのファウンドリサービス企業、台湾のTSMCの創始者であり、取締役会会長でもあるMorris Chang氏が2018年6月に引退すると10月6日に表明した。今後はTSMCの経営から完全に手を引き、自分と家族のために時間を費やすとしている。Chang氏は、Forbs誌が選んだ、世界で最も影響力のあるビジネスリーダー100人のうちの一人に先月選ばれたばかりだった。

ファウンドリサービスというビジネスモデルを創り上げたMorris Chang氏は、1990年ごろ上級副社長を務めていたTexas Instrumentsを退社し、台湾でTSMCを立ち上げた。当初の出資者にはITRI(工業技術院)やPhilips Semiconductor(現NXP Semiconductor)などがいた。1980年代後半から米国シリコンバレーでは「Start-up fever(ベンチャーフィーバー)」と揶揄されたほど、ファブレスのベンチャーが続出した。当初、製造は、IDM(設計から製造まで手掛ける垂直統合型半導体メーカー)しか請け負えなかったが、同氏はその様子を見て、製造だけの請負サービスを始めようと考えた。半導体産業での分業化の始まりである。

TSMCは今や、2016年の売上額285億7000万ドル(約3兆1427億円)、市場シェア58%という圧倒的な強さを誇るファウンドリ企業となった。ファウンドリビジネスで最も重要なことは、製造プロセスの完備もさることながら、多くの顧客を獲得するために設計に強いセールスエンジニアを確保することだ。このためTSMCは設計ツールを十分揃え、設計サービスを提供できるGlobal Unichipというデザインハウスを小会社にし、どのような顧客の要求にも答えるように努めてきた。設計を強化したためTSMCはIDMになる、と見たアナリストもいたほどだ。

設計ツールと設計エンジニアを揃えたのは、RTLも書けない、HDL言語を覚えたくない、というレベルから、GDS-IIフォーマットのマスクデータまで作成できる、というさまざまなレベルの顧客にも対応するためだ。設計フローによって顧客の要求レベルがマチマチだったため、設計の知識があればどのような顧客にも対応・サポートできる。だからファウンドリビジネスでは設計に詳しいセールスエンジニアが欠かせない。今はファブレス大手となったMediaTekも当初は、ファウンドリ3位のUMCのデザインハウスだった。今やPDK(プロセス開発キット)という形でどのファウンドリも、自社の固有のプロセスに沿った形のトランジスタに基づく設計を要求するようになった。

最近のTSMCの売り上げは実は伸びていない。1〜9月の売り上げは累計で前年同期比2.1%の6998億7700万台湾元(約2兆6000億円)にとどまっている。9月単月では前年同月3.6%減となっている。今の半導体景気がメモリ単価の値上がりによるものであり、TSMCはその恩恵を得ていない。また10nmプロセスを使ったiPhone 向けアプリケーションプロセッサA11の製造を請け負ったものの、Qualcommの10nmアプリケーションプロセッサSnapdragon 835の製造はSamsungにとられた。その前まで、AシリーズはSamsungが、SnapdragonはTSMCがそれぞれ製造を請け負っていた。それが逆転した。先端プロセスのファウンドリビジネスはまさにSamsungとの一進一退を展開している。

ただ、Morris Chang氏が引退を表明したのはこれが初めてではない。2005年に一度退任したが、2007~2008年のリーマンショックで業績が大きく落ちたことで経営に復帰している。この時から2016年までは極めて順調に成長を遂げ、昨今の半導体ブームで大きく落ちることもなくなった。TSMCの今後は、Mark Liu氏を会長、C.C.Wei氏をCEOとする2頭経営という形で運営していくとしている。

米国の有力ビジネス誌の一つであるForbs誌は、2年をかけて、世界のビジネスに大きなインパクトを与えた100人の一人にMorris Chang氏を選んだ。その100人の中には、投資家のWarren Baffett氏、MicrosoftのBill Gates氏、AmazonのJeff Bezos氏、Facebook創業者のMark Zuckerberg氏、eBayとTeslaのElon Musk氏、Virgin GroupのRichard Branson氏、Facebook CEOのSheryl Sandberg氏、メディアのRupert Murdoch氏、ファッションデザイナのGiorgio Armani氏、メディア兼ニューヨーク市長のMichael Bloomberg氏などそうそうたる人たちが含まれている。半導体業界からはMorris Chang氏のみ、だとしている。

日本経済新聞は翌日の7日に、Morris Chang氏とのインタビュー記事を載せ、ファウンドリの優位性を、「誰かが勝てば我々の成功につながる」としている。いわば、ウィン-ウィンの関係を築く、台湾ビジネスの典型例ともいえる。

参考資料
1. 2016年ファウンドリの世界トップ10社ランキング (2016/08/24)

(2017/10/10)

月別アーカイブ

Copyright(C)2001-2018 Semiconductor Portal Inc., All Rights Reserved.