セミコンポータル
半導体・FPD・液晶・製造装置・材料・設計のポータルサイト
セミコンポータル

200mmラインが活況〜セミコンジャパン2015 特別インタビュー

|

中村 修氏、SEMIジャパン 代表

セミコンジャパンは出展社数、小間数、参加者とも前年を超えた。注目のIoT(Internet of Things)やアナログ、パワー半導体向けの200mmラインが最近活況を呈している。セミコンジャパンの運営団体であるSEMIジャパンの中村修代表に、セミコンジャパン2015の見どころとそこから見えてくる2016年の産業界の見通しを聞いた。(動画あり)

中村代表は、半導体産業の大きな流れの一つであるIoTを昨年からテーマに上げてきた。セミコンジャパン2015では、IoTのトレンドが影響を及ぼす半導体産業、製造装置産業との関連を示すような展示に力を入れていた。2016年にはIoTビジネスが目に見えない所から始まる。セミコンジャパン2015はそのための準備ともいえるイベントといえそうだ。

セミコンポータルでは、中村代表とのインタビューをはじめ、半導体製造装置産業のキーパーソンをはじめ、装置産業のユーザーである半導体メーカー、業界アナリストとのインタビューを行った。半導体製造装置産業のキーパーソンには、展示会での訴求ポイントや最近のトレンド、2016年の見込みについて聞いた。装置のユーザーである東芝の半導体部門には装置メーカーに対する要望を伺い、SEMIのDan Tracyアナリストには2016年の動向について伺った。インタビューに応じてくれたキーパーソンは以下の通りである。(撮影は2015年12月)


インタビュー 一覧(敬称略)

(2016/01/21)

月別アーカイブ

Copyright(C)2001-2019 Semiconductor Portal Inc., All Rights Reserved.