セミコンポータル
半導体・FPD・液晶・製造装置・材料・設計のポータルサイト
セミコンポータル

画面が割れないスマホが登場か?

|

落としたり、尻ポケットに入れたりして、ガラスが割れたという事故をよく聞きます。ガラスの修理には2万円以上かかる場合もあり、しばらくは応急手当で使っている人もいます。このことは以前書きました

いま巷をにぎわせているのは、秋に出るAppleのiPhone 6にサファイアガラスが採用されるという噂です。サファイアガラスはスマホに使われてきたゴリラガラスよりも固く、金属などによって擦れても、これまでのガラスよりも耐性が増します。また全体が曲りに強く、落下等に対処できる率は高くなるはずです。

サファイアは宝石で有名ですが、これは不純物の添加によって色が付きます。純粋なサファイアは透明なのでスマホの表面ガラスに使えます。現在でもiPhone 5sのホームボタンにはサファイアガラスが採用されています。

アップルは、サファイアガラスとケース側のベゼルとの接着法に関して、すでに特許を取得しています。

iPhoneの発売前にはいろいろな噂が出てきますが、このサファイアガラスはぜひ採用してほしいです。ユーザーにはわかりやすく安心感を与えてくれるからです。でもトラックに轢かれた時は修復できないようです。

Agile Tech技術本部長 河田 勉
(2014/07/25)

月別アーカイブ

Copyright(C)2001-2019 Semiconductor Portal Inc., All Rights Reserved.