セミコンポータル
半導体・FPD・液晶・製造装置・材料・設計のポータルサイト
セミコンポータル

今後の半導体産業の成長を占う先行指標は何か? それはGDPではない!

去る8月8日に東京で開催されたセミコンダクタポータル主催「半導体市場、2017年後半を津田編集長と考える」に出席した(参考資料1)。多くの参加者が「今後の半導体産業の先行きが読めない」ことに悩み、「半導体産業の先行指標になるようなものはないか?」との質問や意見が相次いだ。それは国民総生産(GDP)だと多くの人が信じ、なかにはTSMCの業績を基に予測しているという人もいた。一体、これらが本当に指標になっているか検証してみよう。

GDPが先行指標になるはずだったが...
たしかに、先行指標としてGDPを挙げる人は多い。それをサポートするデータもある。半導体市場調査企業である米IC Insightsは、今年初め「2010年以降、半導体産業の成長は世界のGDP成長に密接に連動している」との見解を発表した。

2010年以前は、IC設備投資額、IC産業生産能力、IC価格変動などがIC産業の景気サイクルをけん引してきたが、2011年以降のIC産業は、銀行金利や原油価格や 景気刺激政策などの世界経済そのもの動きが成長をけん引するようになってきていると同社は説明している。実際に、図1を見ると、1992年から2010年までは、GDP、IC産業とともに激しい乱高下がみられたが、2010年代に入り、増減率は以前に比べてはるかに抑制されている様子が見て取れる。IC Insightsは、今年初めの時点で、少なくとも今後5年間にわたり、この傾向は継続すると見ていた(参考資料2)。


図1 1999年〜2017年の世界GDPとIC産業の前年比成長率(%)の推移 出典: IC Insights

図1 1999年〜2017年の世界GDPとIC産業の前年比成長率(%)の推移 2016年までは実績、2017年は予測値。世界GDPは赤線(左側の縦軸)、IC産業の成長率は青線(右側の縦軸)でそれぞれ記される。破線は、世界規模の景気後退が生ずるGDP成長率しきい値 出典: IC Insights


さらに、2011年から2017年までの世界GDPとIC産業の成長率だけを抜き出したのが図2となるが、2011年以降の成長率が中央付近の狭い範囲に収まっているのがはっきりと見てとれる、とIC Insightsは自信満々で主張していた。


図2 2011年〜2017年の世界GDPとIC産業の前年比成長率(%)の推移。2016年までは実績、2017年は予測値。世界GDPは赤線(左側の縦軸)、IC産業の成長率は青線(右側の縦軸)で示される。破線は、世界規模の景気後退が生ずるGDP成長率しきい値 出典:IC Insights

図2 2011年〜2017年の世界GDPとIC産業の前年比成長率(%)の推移。2016年までは実績、2017年は予測値。世界GDPは赤線(左側の縦軸)、IC産業の成長率は青線(右側の縦軸)で示される。破線は、世界規模の景気後退が生ずるGDP成長率しきい値 出典:IC Insights


なお、世界GDPは、2016年から2021年までの間、2.5%から3.0%の狭い範囲内で変動すると予測されている。そのため、IC Insightsでは、この間のIC産業の成長率も世界GDPの成長率を反映して、2%から7%の範囲で変動すると予測しており、世界GDPが予測を大きく逸脱せぬ限り、今後5年間はIC産業が大きなサイクル変動に見舞われることはないとしていた。

以上が、IC Insightsの今年2月時点の見解であるが、この見解を発表したとたんに、今年はこれが全く通用しなくなってしまった。それが、皮肉にも自らのその後のデータで証明されてしまっている。「世界GDPが予測を大きく逸脱せぬ限り、今後5年間はIC産業が大きなサイクル変動に見舞われることはない」と述べているが、実は、GDPではなく、自社が一番得意なはずの半導体産業の予測がわずか数カ月以内に大きく逸脱するなど、みじんも考えてなかったようだ。同社は、2月時点では半導体産業の今年の成長率を5%としていたが、早くも4月には11%に上方修正し、7月には15%に、さらに7月末には16%にまで上方修正している。ほかの調査会社も、昨年後半以来のメモリー価格の高騰を全く読めなかったうえに、今年に入って高騰し続けることも読めずに、売上高予測の上方修正を繰り返している。予測が大きく逸脱したのはGDPや電子機器ではなく半導体高だったのだ。いや、今も売上高成長は進行形だ。

今年の電子機器産業の成長率予測(2%)は従来通りGDP予測(2.6%)に連動しているが、半導体は少なくとも今年に限ってはGDPに連動していない。GDPに頼ると大間違いを犯す。それは半導体市場規模に関する調査会社自身の再三にわたる読み間違いが証明している。なぜそうなってしまったのだろうか?(次回に続く)

参考資料
1. SPIフォーラム「世界半導体市場、2017年後半を津田編集長と議論する」、2017年8月8日
2. IC Market Growth Limited by Narrow Window of Global GDP Expansion (2017/02/08)

Hattori Consulting International代表 服部 毅

月別アーカイブ

Copyright(C)2001-2017 Semiconductor Portal Inc., All Rights Reserved.